ミリウム(稗粒腫)のヨクイニンやハトムギの効果は?気になる副作用も徹底紹介!!

稗粒腫 ヨクイニン ハトムギ 

 

稗粒腫は別名「ミリウム」と呼ばれています。ミリウムの改善に、ハトムギから抽出することが出来るヨクイニンが効果があるとされているのですが、本当にヨクイニンはミリウムやイボを改善する効果があるのでしょうか?
この記事では、気になるヨクイニンの効果だけでなく、副作用や危険性についてもお話しします。ヨクイニンでミリウムを治そうと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

もくじ

ヨクイニンって一体なに??

ヨクイニンの効果や副作用について話すまえに、少しヨクイニンについて書きます。ヨクイニンとは、ハトムギから抽出できる成分で、皮膚の再生や保湿、皮膚を柔らかくする効果があるとされています。昔からミリウムやイボの改善にヨクイニンは使われてきた成分です。

 

ヨクイニンは、ミリウムやイボだけでなく、

  • ニキビ
  • アトピー性皮膚炎
  • 肌荒れ
  • 乾燥肌
  • 日焼け
  • かゆみ

などの肌トラブル全般に効果を発揮してくれます。
さらにヨクイニンには、身体の免疫力を高めて、風邪をひきにくくする働きや、肌の保湿力アップ、アンチエイジング、さらに便秘の解消にまで効果があるとされています。

 

ヨクイニンはミリウム(稗粒腫)やイボに効果あり?

ヨクイニンには、「コイクセノライド」という成分が含まれています。

 

コイクセノライドの働き
  • 皮膚の新陳代謝を活発にする
  • 皮膚細胞のターンオーバーを促進する

ヨクイニンに含まれるコイクセノライドの働きによって、肌が活発に生まれ変わるようになり、ミリウムやイボを小さくして治してくれるのです。
実際に、ミリウムやイボ治療に医者にいったときに、内服薬してヨクイニンを飲み薬で処方されていました。

 

ヨクイニンの気になる副作用や危険はあるの?

 

ヨクイニンは、ミリウムやイボだけでなく、皮膚や肌トラブル全般に効果があること、美容やアンチエイジング、便秘改善にも効果があることが分かりました。
そんな万能なヨクイニンですが、危険な副作用はあるのでしょうか?

 

ヨクイニンの副作用は以下になります。

  • じんましん症状
  • 発疹
  • 胃の不快感
  • 消化不良
  • 下痢

などが副作用として挙げられます。
しかしヨクイニンは漢方薬として使われている天然成分なので、こういった危険な副作用がでることは、かなり稀なケースです。

 

ただ漢方の中には、「心臓病」「高血圧症」「循環器の疾患」「妊娠中の女性|妊婦さん」は摂取しない方がいい漢方薬もありますので、漢方だからといって安心はしてはいけません。
(甘草(カンゾウ)、芍薬(シャクヤク)、麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、当帰(トウキ)、蒼朮(ソウジュツ)など、これらの漢方を摂取する場合は、上記症状の方、妊娠中の女性、妊婦さんは摂取する前に医師の診断を受けることをお勧めします。)

 

ヨクイニンだけの成分でいうと、こういった方達にも安心して摂取できる成分といえます。
ヨクイニンの摂取方法として、サプリや漢方などがありますが、漢方や飲み薬が苦手な方は、ハトムギ茶を飲用することでもヨクイニンを摂取することができます。

 

しかしハトムギ茶には、身体を冷やす効果があるので、冷え性の人はあまり飲み過ぎないようにしてください。
そして妊娠中の女性や妊婦さんも、ハトムギ茶の飲み過ぎには注意が必要です。
妊娠中の方、妊婦さんは身体を冷やしてしまうことも良くないですし、、胃腸の働きが良くなりすぎると子宮に影響が出て、早産や流産の原因になってしまう恐れもあるのでハトムギ茶の飲み過ぎには注意してください!

 

 

⇒ミリウムに効果のあるヨクイニン配合のクリームはこちら