稗粒腫はイボコロリを使って治せるの!?

稗粒腫とイボコロリの効果

 

目の周りに出来る白くてポツポツしたモノ。それは、稗粒腫(はいりゅうしゅ)と呼ばれるイボの一種です。
稗粒腫はイボですが、イボの治療薬で有名な市販薬「イボコロリ」で稗粒腫を使って治すことが出来るのでしょうか??ここでは、稗粒腫にイボコロリは使えるのか、稗粒腫を治すことが出来るの?という情報をまとめてみました。

 

稗粒腫とオロナインの効果

 

 

稗粒腫はイボコロリを使って治せるの!?【目次】

 

先に結論!イボコロリは稗粒腫に使えません!!

稗粒腫とイボコロリの効果

 

結論を先にお伝えすると、稗粒腫という種類のイボに「イボコロリ」を使用することは出来ません。イボコロリはイボを治療することが出来るお薬ですが、使用するイボの種類によっては効果がありません。
イボコロリの注意書きに記載されていますが、治療できるイボと出来ないイボがあります。

 

治療できるイボの種類は以下の3タイプです。

稗粒腫とイボコロリの効果

イボコロリに効果があるイボ

①尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
②足底疣贅(そくていゆうぜい)
③青年性扁平イボ(せいねんせいへんぺいイボ)

 

治療できないイボの種類は以下の4タイプです。
イボコロリに効果のないイボ

①水イボ
②老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ)
③尖圭コンジローム(肛門周囲や外陰部にできたイボ)
④一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ

 

ちょっと難しい名前の種類のイボですが、イボコロリを治療できるイボは【ウィルス性によるイボ】です。イボコロリの主成分は「サリチル酸」ですが、この成分はウィルス性イボの治療に効果があるとされているのです。

 

稗粒腫のイボはウィルス性のイボではありませんので、イボコロリを使用しても効果がありません。

 

 

イボコロリは顔への使用はNG!!

稗粒腫とイボコロリの効果

 

また、イボコロリは顔に使用することが出来ません。

  • 顔面、目の周りや唇、粘膜など。
  • 首などの皮膚の柔らかい部分。
  • 炎症または傷のある患部。

これらの部位に使用することは出来ません。イボコロリはイボに効くからといって、間違っても顔にある稗粒腫へは絶対に使用しないようにしてくださいね!!

 

イボコロリ以外で稗粒腫に使える薬はある??

稗粒腫とイボコロリの効果

 

では、稗粒腫に効果のある薬はあるのでしょうか??
私は稗粒腫を治したくて、薬局やドラッグストアなどで市販薬を調べてみました。

関連記事:稗粒腫に効果のある薬は市販で売ってるの?

 

しかし、どれも一般的なイボ用の商品ばかりで稗粒腫への効果はイマイチで、効果は検証されていないものばかりでした。
稗粒腫に関しては、医学的にも解明されていないそうなので、「稗粒腫専用薬」というのは売っていないのが現状です。稗粒腫を治すなら病院での治療か、お薬ではなくイボケア専用の商品を使うことをオススメします。
私は、専用のイボケア商品を使い続けることで、稗粒腫に効果を感じることが出来ました。ケアをする前は稗粒腫の量が多かったのが、今ではだいぶ綺麗になって、稗粒腫が出来にくいお肌になったと感じています!

 

稗粒腫にオススメ!私が使い続けているのはコレ!!

稗粒腫とイボコロリの効果

 

稗粒腫を治すには、有効成分の配合されたイボケア商品でのケアが効果的です。稗粒腫をイボケア商品でケアをするには3つのポイントがあります。

 

稗粒腫を美容クリームでケア!選ぶポイント3つ!
  1. 肌のターンオーバーを正常に整えてくれる成分が配合されていること
  2. 硬くなった角質肌を柔らかくする働きのある成分が配合されていること
  3. 美容保湿成分が多く入っていて肌のバリア機能を正常に保つこと

 

稗粒腫というイボは、肌の新陳代謝の乱れや生活習慣の乱れが原因であることが分かっています。イボコロリなどのイボケア商品で稗粒腫のケアをするよりも、有効成分がしっかりと含まれた商品を使って、自分で稗粒腫のケアをしましょう。
病院で治療をすることも1つの方法ですが、治療方法によっては価格が高かったり、また再発する恐れがあります。

 

肌の状態を正常な状態へ導いてくれる「イボケア専用の美容商品」は、稗粒腫をケアしながら出来にくくする予防効果もあります。このサイトでは、私の稗粒腫に効果のあった商品をランキングで紹介しているので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね♪

 

稗粒腫とイボコロリの効果

稗粒腫とイボコロリの効果